敏感肌 女性

敏感肌の女性でもオールインワン化粧品は使える?

敏感肌の人でもオールインワン化粧品を使う事はできますが、選び方には少し注意が必要です。

 

敏感肌の女性は、肌のバリア機能が弱いので、刺激の強い成分が配合されているものだと肌を荒らしてしまうことがあるからです。

 

低刺激タイプのものを選び、肌の状態が良い時に使ってみましょう。まずは試供品などで試してみると安心ですね。

 

使ってみてヒリヒリする、赤みが出た、という場合は、肌が危険信号を送っているサインです。

 

こうしたサインを見逃さない事は敏感肌の女性にとってとても大切なことです。あれ?ちょっと変だな、と感じたらすぐに使用を止め、肌を休ませましょう。

 

 

敏感肌の女性がオールインワン化粧品を使うメリットもある

 

洗顔から始まる一連の素肌ケアは、肌への摩擦の連続です。

 

洗顔→手、指などで肌を摩擦、化粧水→コットンパフ、手などで肌をパッティング、乳液→手で顔全体をプッシュ、おさえて浸透させる、美容クリーム→指でこする、塗り込む…など、各ステップごとに肌には様々な刺激や摩擦が加わります。

 

敏感肌の女性にとって、肌への刺激、特に摩擦による刺激は肌を傷める原因の一つです。どんなにそっと丁寧にやっても敏感肌の女性にはどうしても負担がかかってしまいがちです。

 

その点、オールインワン化粧品を使った場合は、摩擦による刺激が極力抑えられるというメリットがあります。低刺激で自分の肌に合ったものであれば、肌へ直接触れる回数が減る分、プラス効果は大きいものとなります。

 

 

避けた方がいい成分はある?

 

オールインワン化粧品は、本来それぞれ違う働きをする成分がギュッと一つに詰め込まれているため、成分を安定させたり、美容効果をアップさせるための成分も含まれています。

 

その中には敏感肌の女性にとっては避けたい成分もたくさんあります。

 

例えば合成ポリマーというシリコン系の成分や、エタノールなどの殺菌成分などは敏感肌を荒らしてしまうことがあります。

 

また、美白効果のあるものも避けた方が無難です。成分表示としてはハイドロキノンなどがそれにあたります。

 

普通の肌質の人にとっては嬉しい美白効果が、敏感肌の女性にとっては刺激が強すぎてしまい、肌が炎症を起こしたり、白く色が抜けてしまったりする恐れがあるのです。

 

また乳化剤や防腐剤なども避けた方がいいでしょう。

 

敏感肌の女性は、自分が使ってみたいと思う商品が肌に合わなくて残念な思いをすることも多いかもしれません。

 

しかし、自分の肌を守るためにはくれぐれもパッケージの美しさや華々しい広告などに惑わされず、しっかりと成分を確認して肌に優しい商品を選ぶようにしてくださいね。