乾燥肌 女性

肌トラブルは乾燥が原因?

シミ、シワ、くすみ…肌の悩みは様々ですが、その最大の原因は「乾燥」です。

 

もともと乾燥肌の女性は、とにかく肌を乾燥から防ぐこと、つまり「保湿」を特に念入りにする必要があります。

 

ただ一口に乾燥肌といってもその原因は様々です。肌の状態は体質だけでなく環境、季節などによっても変化します。

 

また日焼け、睡眠不足、ストレスなどが原因で肌のターンオーバーが乱れることが原因の場合もあります。

 

どんなに効果的な化粧品を使っていたとしても、こうした根本的な原因を取り除かない限り、肌の状態は改善していきません。

 

「私は乾燥肌だから」と諦めるのではなく、どうして肌が乾燥してしまうのか、その原因を探ってみることも大切かもしれませんね。

 

 

肌の保湿は何よりも大切

 

乾燥肌の女性にとって肌の保湿は何よりも大切な最重要課題です。

 

実は保湿だけに焦点を当てた場合、オールインワン化粧品は必ずしもベストな選択ではありません。その理由は洗顔後のケアは順序が大切だからです。

 

洗顔後まず最初に肌に含ませる化粧水は「肌の角質に水分を補給する」という重要なステップです。

 

ここで水分をたっぷりと含ませ、肌を柔らかい状態にすることで、次に入る成分がより浸透しやすくなります。

 

しかし、オールインワン化粧品はその順番をいわば無視した形で、一気に様々な成分を肌に送り込むことになる訳ですから、化粧水ほどの保湿効果は発揮されにくいのです。

 

ただ、最近のオールインワン化粧品は非常に高品質なので、ある一定の保湿効果は約束されています。朝忙しくて時間がない、少しでもスキンケアの時間を短縮したいという場合にオールインワン化粧品は強い味方です。

 

乾燥肌の女性がオールインワン化粧品を使う場合は、時間のある時にはゆっくり手間ひまをかけて、しっかりと保湿ケアを行うようにしてみましょう。

 

 

相性のよい保湿成分とは?

 

どんな肌質であっても保湿は大切な要素ですが、特に乾燥肌の女性は保湿効果に重点を置いた商品を選ぶとよいでしょう。

 

ほとんどの商品が保湿効果をうたっていますが、重要なのは配合されている保湿成分です。

 

保湿成分として高い効果をもつセラミドですが、実はオールインワン化粧品とは相性があまりよくありません。

 

ヒト型セラミドと呼ばれる成分がその一例ですが、ヒト型セラミドは水と混ざりにくい性質を持つため、水溶性成分が多いオールインワン化粧品には配合しにくいのです。

 

オールインワン化粧品と相性のよい保湿成分の代表例は「コラーゲン」「ヒアルロン酸」です。乾燥肌の人はこのような保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶとよいですね。