プラセンタ

プラセンタってどんな物質なの?

そもそもプラセンタって何?

 

プラセンタ(placenta)とは英語で「胎盤」を意味する言葉です。胎盤は妊娠中には胎児を育む大切な役割がありますが、出産後には不要となり体外に排出されてしまいます。

 

しかしこの胎盤には身体にとって非常に有効な成分がギッシリと詰まっており、そこに注目した様々な健康法や美容法が研究されているのです。

 

プラセンタの効果は病気の予防や改善、美肌効果、ダイエット効果など色々ありますが、中でも注目されているのがアンチエイジング効果です。

 

プラセンタには細胞を活性化させる抗酸化作用があるため、肌や髪にツヤ、ハリを与えたり、更年期障害などにも効果があるといわれています。

 

また自律神経失調症、不定愁訴の治療にプラセンタを取り入れる医療機関も増えてきています。

 

プラセンタの摂取法としては、美容液やサプリメント、またはプラセンタ注射など色々な方法があります。

 

プラセンタ注射の場合、更年期障害などの治療目的であれば保険が適応となりますが、美容目的の場合は保険適応対象外となっています。

 

 

植物にも胎盤がある?

 

プラセンタには植物性プラセンタといって、植物由来のプラセンタもあります。

 

当然ですが植物に胎盤はなく、植物の成分で動物性プラセンタと似た効果と認められるものを植物性プラセンタと呼んでいるのです。

 

植物プラセンタは動物プラセンタと同様にアミノ酸やビタミン、さらにミネラルなどが多く含まれている上に安全性が高いため、化粧品などの成分として有効活用されています。

 

例えば大豆由来の植物プラセンタにはイソフラボンという女性ホルモンと似た働きをする成分が豊富に含まれており、美容効果が高いことで知られています。

 

しかし植物性プラセンタには動物性プラセンタの特徴の一つである細胞を活性化させる効果はあまり期待できません。

 

この点が両者の大きな違いです。また海洋性プラセンタといって、魚の卵巣膜などからも同様の成分を抽出することができます。

 

 

アメリカで流行のプラセンタカプセル

 

アメリカでは出産すると医師から「胎盤は要りますか?」と聞かれるそうです。要ると答えればなんと、自分の胎盤をもらう事ができるんだとか。

 

もらった胎盤を乾燥させて煎じて飲んだり、プラセンタカプセルにしたりして産後の体力回復に役立てるそうです。

 

またカプセルを冷凍保存しておき、後に更年期障害が出てきた時に飲むと効果があるとも言われています。

 

ハリウッドセレブがこのプラセンタカプセルを作って話題になったこともあり、アメリカではかなり認知度が高くなっています。果たして日本にもこのブームはやってくるのでしょうか?