オールインワン化粧品 デメリット

オールインワン化粧品のデメリットとは?

スキンケアがワンステップで終わる手軽さで評判のオールインワン化粧品ですが、使用するうえでのデメリットもあります。ここでは、オールインワン化粧品によく見られるデメリットとどう対処すれば良いのかをご説明します。

 

オールインワン化粧品を愛用している人の多くはスキンケアに時間がかからない、コスパが良いというメリットを挙げています。一方で、オールインワン化粧品では十分なスキンケアができないと感じている人もいるようです。

 

確かに、化粧水や乳液などいくつものステップを一つにまとめたため、成分の配合量などが劣るものもあります。

 

また、複数の成分を一度に肌に乗せるためにトラブルが起きた時に、何が原因なのかわかりにくいというデメリットもあるでしょう。ライン使いのスキンケアの場合は、肌の調子に合わせてアイテム数を増減したり、量を調節したりするのも簡単です。

 

しかし、オールインワン化粧品の場合は、そうした調整がしづらいのもデメリットと言えるかもしれません。

 

オールインワン化粧品のデメリットのいくつかは、使用方法を工夫すれば解決できます。保湿力が足りないと思った時は量を増やしたり、重ね付けしたりすれば潤いを実感できるでしょう。

 

アレルギーなどが心配な場合は、使用前にパッチテストを行えば安心して使えます。

 

また、オールインワン化粧品にも肌タイプ別の種類があるので、自分の肌に合うものを選ぶこともできます。季節や使用するタイミングに合わせて、オールインワン化粧品を使い分けするのも良いかもしれません。

 

オールインワンタイプでも種類の多いゲルタイプには浸透力が低い、カスが出るといったデメリットもあります。メーカーによって差があるので気にならないものもありますが、オールインワンゲルのデメリットとしてよく挙げられる点です。

 

しかし、これについても使用方法を変えることで対処は可能です。ゲルタイプのオールインワン化粧品は、毛穴に入り込むように塗るのが正解です。

 

手の平で温めたゲルを毛穴に押し込むように塗る、下から上、内側から外側に向かって塗り込めば、浸透力がアップします。メイクの直前に使うとカスが出やすいので、しっかり浸透させてからメイクをするのもコツの一つです。

 

オールインワン化粧品にはいくつかのデメリットがあるものの、使い方を変えればそれほど気にならない程度です。時短や節約にもつながるオールインワン化粧品は、上手な使い方を知ることも大事ですね。